童話迷宮 下 (Bunch Comics Extra)

  • 新潮社 (2009年6月9日発売)
3.79
  • (28)
  • (32)
  • (41)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 380
感想 : 20
4

下巻に入ってから、枠物語に位置していた少年が、活躍というのかなんというのか絡んできて、学校の先生へと。
各話が短いのもあって読みやすいし、雰囲気もいい。

んで、んで!「月のナイフ」という連作外の短編が入っているのだけれど、これが!これが!
わざと悪く言えばただのフシギクンの話なのだけれど。
現実べったり散文的日常を送る自分にも、かつてこんな少年だったときがあったような気がする……それはもちろんまやかしに違いないが、そう思わせてくれるくらい引き込まれた。
ラストは息を止めて読んでいた。
少年が単体で出るのではなく、視点人物が少女にも振り分けられ、その少女の存在が今後彼にとってどれだけ援けになるか、それを思うだけで胸塞がる。
「放浪息子」への別角度のアプローチと言ってもいいかも。
この短編が断然好きだ。いや好きかどうかわからないくらい切実さを感じた。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 漫画
感想投稿日 : 2020年11月30日
読了日 : 2020年11月30日
本棚登録日 : 2020年10月23日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする