人と思想 116 津田梅子

5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 4
レビュー : 1
著者 :
knotさん 地理・歴史・人物   読み終わった 

津田梅子の生涯を紹介する本。
岩倉使節団の一員として、6歳の少女が一人でアメリカに留学する。現代であればまだ小学生になったばかりの年齢にも関わらず、海外の文化を吸収する強い使命感を持って現地の生活に向き合っていく姿に感服。日本に戻ったのが十代後半の青春真っ只中。しかし、日本の文化では、アメリカのなかのように振舞うことができず、多くのフラストレーションがあったことがうかがえる。
日本女性の教育環境を変革しようとする意志のもの、アメリカでのコネクションを活かしながら資金を得て、塾を創設する。
行動力も当然だが、それを支える強い信念が本書を通してよく見える。

レビュー投稿日
2018年12月16日
読了日
2018年12月12日
本棚登録日
2018年12月2日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『人と思想 116 津田梅子』のレビューをもっとみる

『人と思想 116 津田梅子』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『人と思想 116 津田梅子』にknotさんがつけたタグ

ツイートする