国を蹴った男 (講談社文庫)

3.67
  • (3)
  • (22)
  • (8)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 140
レビュー : 15
著者 :
ko2baさん  未設定  読み終わった 

いずれも主役になることのなかった人物が主人公の6編.長束や佐久間は名が通っているが,それ以外に本当に聞いたことのない(実在かどうか分からない)人物が主人公の話もあり.
秀吉の小田原攻めに北条側として立ち会うこととなった茶人が主人公の「天に唾して」が痛快である.ちなみに,6編の主人公達は全員死にます.

レビュー投稿日
2017年9月12日
読了日
2017年9月10日
本棚登録日
2017年9月12日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『国を蹴った男 (講談社文庫)』のレビューをもっとみる

『国を蹴った男 (講談社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする