新版 世界憲法集 (岩波文庫)

制作 : 高橋和之 
  • 岩波書店 (2007年1月16日発売)
3.52
  • (6)
  • (5)
  • (11)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 155
感想 : 10
5

憲法や条約は国際関係を理解する上で欠かせないものである。法ある所に社会あり、と言われているように、各国の法はその社会の背景、歴史、文化などを感じさせるものになっている。またアメリカなどの有力国家の憲法は概して、訳書なども多いだろうが、ロシア憲法などはここで入手する以外は難しい(ユーラシア研究所のロシア憲法は絶版)。国際関係を理解する上で、また様々なニュースを通してその国の政治に興味を持った際に、彼らが依拠する法はどのようなものなのか、この本を通して知ることができ、かつ日本との相違なども理解することができる。

 この低価格で、これだけの訳書が出版されたことを激励する意味も込めて評価は☆5つにする。我々、国際関係学を学ぶ学生、院生には、最低限条約集(国際条約集、国際機構条約集)、憲法(日本国憲法)などは、法学専攻以外の学生にも不可欠なものである。これに加え、ロシア、フランスなどの各国政治を研究するものには各国の憲法とその制度理解は不可欠だったが、そうした憲法集は存在しないか、むしろ高額と決まっていた。原書や英語版を読むことも必要だが、法は言葉を正確に理解する必要がある。原書や英語版の各国の憲法集との比較などもすれば、研究にも用いることができるであろう。訳者の方々の努力と岩波出版の姿勢に感謝したい。

読書状況:未設定 公開設定:公開
カテゴリ: 国際法
感想投稿日 : 2007年2月9日
本棚登録日 : 2007年2月9日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする