さようなら、ギャングたち (講談社文芸文庫)

3.89
  • (179)
  • (99)
  • (181)
  • (16)
  • (7)
本棚登録 : 1164
レビュー : 141
著者 :
制作 : 加藤 典洋 
kobachouさん  未設定  未設定

高橋源一郎唯一の傑作。もう彼がこれ以上の作品を書くことはない。単なるドナルド・バーセルミの継承ではないことを、自身の目で確認して欲しい。

レビュー投稿日
2006年2月19日
本棚登録日
2006年2月19日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『さようなら、ギャングたち (講談社文芸文...』のレビューをもっとみる

『さようなら、ギャングたち (講談社文芸文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする