“西洋美術史を学ぶ”ということ

3.88
  • (2)
  • (4)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 39
レビュー : 5
制作 : 喜多崎親 
アリエノールさん 学ぶ【美術】   読み終わった 

物言わぬ美術品から作家(画家、彫刻家)が伝えたいことを知るための、美術品を通して昔の人と会話をするための、言語として美術史を学ぶ。
なるほどねー。高階先生、さすがです。
現代の東洋における実学的なものを理解するために、一番距離があるのが、西洋の美術の歴史であり、一番遠いものを通してこそ学べるものがあるはず、というのも納得てす。

レビュー投稿日
2015年3月3日
読了日
2015年3月3日
本棚登録日
2015年2月11日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『“西洋美術史を学ぶ”ということ』のレビューをもっとみる

ツイートする