峠をこえたふたりの夏 (あかね創作文学シリーズ)

3.88
  • (6)
  • (3)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 39
レビュー : 9
著者 :
制作 : 中村 悦子 
あるひさん なつかしの。   読み終わった 

三輪裕子さんホントにすきだったんです。

この話は兄妹もの。
二人のやり取りが好きでした。

うー。もう一回読み直したくなってきた。

レビュー投稿日
2008年12月29日
読了日
2008年12月29日
本棚登録日
2008年12月29日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『峠をこえたふたりの夏 (あかね創作文学シ...』のレビューをもっとみる

『峠をこえたふたりの夏 (あかね創作文学シリーズ)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

再読情報 [1回]

  • 2012年1月24日

    このあいだ続編(3巻目)があったことを知って、読み返そうと思い立ちました。全部。
    クリスマスの方のあらすじはすごく印象に残っていたのだけど、こっちは全く覚えていなかった。
    小学生の時に1回読んで、それきりだったのだけど、やっぱりわたしは、この方の話変わらずすきだったなー。
    神様の木から入って、はじめて作家さんの名前を意識して読んだ方でした。

    景色がすごく綺麗でした。次二巻!

ツイートする