おおさむこさむ―わらべうた (こどものとも傑作集 14)

3.50
  • (1)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 22
レビュー : 3
著者 :
あるひさん 児童青少年の読書資料一覧(30冊読め!な課題)   読み終わった 

27×20cm 27p
絵に関しては、主線からはみ出た彩色をしている絵本というのは新鮮だった。色も原色と言うわけではなく、少しくすんだものが多く、日本画を彷彿するものがあり、日本のわらべうただからこその絵だと感じる。
文字も手書きで書かれており、文の合間に描かれた図も内容と右挿絵と通じていてまとまりがある。
ただ正直、わらべうたであるからこそ、絵本であっても言葉と内容を結びつけることがすぐにはできない難しさがある。子どもにとっては、手書きの文字を読むのも一苦労だと思う。
しかし、言葉に出してみれば、わらべうたにしかない日本語の面白さを感じさせてくれるものでもある。
ただ目で追って自分で読むものとしてではなく、文字も絵の一部として見ることのできる読み聞かせに向いているのではないか。また、耳で聞けた分を今度は自分の口に出してみて、意味や内容を楽しむというよりは、音を楽しむ方がよいのではないかと思う。

<幼児から小学校初級向き>

***

わらべうたは個人的に好きなんですよね、ただ読み解こうとすると難しい。
単純に楽しむためのあそびうたとして、歌をしっているのなら、歌えたら楽しいだろうなと思う。
挿絵も、雰囲気があってよかったですv

レビュー投稿日
2009年4月19日
読了日
2009年4月19日
本棚登録日
2009年4月19日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『おおさむこさむ―わらべうた (こどものと...』のレビューをもっとみる

『おおさむこさむ―わらべうた (こどものとも傑作集 14)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする