小説 外務省-尖閣問題の正体

3.46
  • (8)
  • (23)
  • (22)
  • (5)
  • (3)
本棚登録 : 188
レビュー : 27
著者 :
kocmockocmaさん  未設定  読み終わった 

内容は複雑だしよくわかんない外交分野のことだけど、表現が直截的で平易(というか説明的?)なので少し戸惑った。裏を読めみたいなところがないんで。ナボコフなどとは正反対ね。お洒落ではなくても誠実な書き方なのだろう。
河東哲夫さん(ペンネーム熊野洋)の小説よりは受け入れられたかな。あまりナルシスティックではなかったので。イランのことは続編に期待のようだ(漢詩・ロシア詩に加えペルシャ・アラビア文学の引用が増えそう)。アメリカに言いなりにしかなっていない外務省、自民党の面々がひたすら情けなく思え、「アメリカ大事、何より大事」の人達と深い溝…

レビュー投稿日
2016年5月9日
読了日
2016年5月9日
本棚登録日
2016年4月10日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『小説 外務省-尖閣問題の正体』のレビューをもっとみる

『小説 外務省-尖閣問題の正体』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『小説 外務省-尖閣問題の正体』にkocmockocmaさんがつけたタグ

ツイートする