ブクログ公式本棚マーク

空き家課まぼろし譚 (講談社文庫)

3.19
  • (3)
  • (2)
  • (14)
  • (0)
  • (2)
本棚登録 : 95
レビュー : 8
講談社文庫さん 2016年4月刊行   未設定

海上都市「海市」に構えられた「空き家課」は、古い空き家を保存・管理し、新しい住人にあっせんしている。職員の明は、ひょんなことから彼の上司の娘・三上汀が、場所に刻まれた思い出を蘇らせる、不思議な力を持つと知る。そのころ、薔薇屋敷の調査へ、湾岸地区再開発を狙う大企業の妨害が。汀は明を強引に説得し、その理由を探ろうとするのだが……。切ないノスタルジックファンタジー。

もう一つのあとがき
http://kodanshabunko.com/afterword/afterword_01/20160401.html

レビュー投稿日
2016年4月28日
本棚登録日
2016年4月28日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『空き家課まぼろし譚 (講談社文庫)』のレビューをもっとみる

『空き家課まぼろし譚 (講談社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『空き家課まぼろし譚 (講談社文庫)』に講談社文庫さんがつけたタグ

ツイートする