天下一統 始皇帝の永遠

3.67
  • (0)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 22
レビュー : 2
著者 :
kodansha-novelsさん 2016年8月   未設定

紀元前二五九年、七つの国がひしめく中国・戦国時代。質子(ちし)として趙(ちょう)の都・邯鄲(かんたん)で生まれた趙正(ちょうせい・始皇帝)は、大商人の呂不韋(りょふい)に見いだされた父・子楚(しそ)が秦の王となったことで運命が変わる。子楚の急死により十三歳で王に即位した趙正。宰相・呂不韋の補佐を受けながら国を治めていたが、新たな側近・李斯(りし)が唱える「天下一統」の構想に衝撃を受ける――

レビュー投稿日
2016年8月10日
本棚登録日
2016年8月10日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『天下一統 始皇帝の永遠』のレビューをもっとみる

『天下一統 始皇帝の永遠』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『天下一統 始皇帝の永遠』にkodansha-novelsさんがつけたタグ

ツイートする