誰もが嘘をついている ビッグデータ分析が暴く人間のヤバい本性

3.97
  • (33)
  • (46)
  • (22)
  • (4)
  • (2)
本棚登録 : 492
レビュー : 53
kofsanさん 人文・思想   読み終わった 

グーグル検索などのデジタル自白剤で得られたビッグデータでわかった人間の本性。
ひとは、アンケート調査に対しては嘘をつく。
貧困層の多い町からは有力スポーツ選手は出にくい。
農村人口の多い地域のほうが、精神的に不安を抱えているひとが多い。
書き間違いは、性的な潜在意識を表すものではない。
夫婦が異なる趣味、異なる交際範囲を持っている方が、離婚する率が低い。
オバマは、人種差別によって不利益を被っていた。
男は性器の大きさに悩み、女は性器の臭いに悩む。
私はXXXとセックスしたい、という検索の4分の3は、母親とのセックス願望。
女性は、自分の話題に同調し、共感してくれる男性を好む。相手のことを尋ねてきたら、話題が尽きた証拠。
親は性別で子供を差別している。男児には知性を求め、女児には容姿を求める。
実は、リベラルも保守も同じようなニュースサイトを見ている。
子供が8歳のときに流行っていたスポーツが生涯の好みのスポーツになる。
データの絞り込みで得られる真実。所得階層の流動性は、アメリカ全土では高くないが、非常に高い地域もある。
多くの富裕層が住んでいる地域の住民は、(その人自身が貧困でも)長生きできる可能性が高い。
教育費支出が高いと、子供が中の上くらいまで豊かになる可能性が高まる。大学町、大都市、移民が多い地域は、超有名人が出る確率が高まる。
A/Bテストで分かる真実。
有力学校にギリギリで受かった子供とギリギリで落ちた子供の、成人後の所得水準は大して違わない。
ビッグデータでも、成果が出ない分野もある。すでに徹底的な調査・分析が行われれいる分野、例えば、証券投資分析など。



レビュー投稿日
2019年5月21日
読了日
2018年7月30日
本棚登録日
2019年5月21日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『誰もが嘘をついている ビッグデータ分析が...』のレビューをもっとみる

『誰もが嘘をついている ビッグデータ分析が暴く人間のヤバい本性』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『誰もが嘘をついている ビッグデータ分析が暴く人間のヤバい本性』にkofsanさんがつけたタグ

ツイートする