彼女に関する十二章

3.63
  • (19)
  • (85)
  • (63)
  • (9)
  • (1)
本棚登録 : 484
レビュー : 82
著者 :
小春さん な行   読み終わった 

50代の女性のありがちな日々を、伊藤整のエッセイを用いてさらりと綴った作品。

取り上げているのは、更年期による体調の変化や、自立した子どもの心配、仲は悪くはないけれど時々いらっとする夫との会話、初恋相手の死とその息子とのかかわり、パート先での出来事などなど。どれも50代の女性にふと訪れそうな、身近なことばかりだ。
それらは、ともすると思い切り深刻な問題になりそうなのだが、主人公の性格もあってふわりとかわしているところがいい。
一般的にマイナスイメージばかりがクローズアップされて、厄介なお年頃と考えがちだが、こんな風にうまく乗り越えられたら人生楽しめるかも。

レビュー投稿日
2016年5月28日
読了日
2016年5月28日
本棚登録日
2016年5月23日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『彼女に関する十二章』のレビューをもっとみる

『彼女に関する十二章』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『彼女に関する十二章』に小春さんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする