希望格差社会―「負け組」の絶望感が日本を引き裂く (ちくま文庫)

3.68
  • (40)
  • (50)
  • (77)
  • (5)
  • (3)
本棚登録 : 511
レビュー : 61
著者 :
koheinet608さん  未設定  未設定

大学時代にこの本を読んだ時、衝撃を受けました。
若者が社会的弱者になる?まさか、、、、な。
でも、やたらに説得力があったのを覚えています。
今、読みかえしてみても、著者の指摘は、ほぼ当たっています。
というか、若者を取り巻く環境は、当時よりも、
現在の方が、より深刻さを増しています。
未来に希望を持てない若者が大量出現している構造を、
統計資料を元にあぶりだした著者は、やはり先見性があります。
しかし、この10年で、抜本的な対策が行われることなく、
希望格差は若者、そして社会全体に広がっています。

レビュー投稿日
2017年6月6日
本棚登録日
2017年6月6日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『希望格差社会―「負け組」の絶望感が日本を...』のレビューをもっとみる

『希望格差社会―「負け組」の絶望感が日本を引き裂く (ちくま文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする