統計学が最強の学問である

3.48
  • (253)
  • (635)
  • (658)
  • (186)
  • (47)
本棚登録 : 6897
レビュー : 744
著者 :
koichitakkenさん  未設定  読み終わった 

★あみだくじ8本中、一番当たる確率が高いのは当たりの真上で21%、その右隣では19.4%。最も低い右端では3.3%。★一見こちらのほうがよさそうだが実際のところよくわかっていない、という提案さえできれば、社会的意義の大きなランダム化比較実験に大きな予算と倫理的許可が下りる、というのは米という国から我々が見習うべき点の1つ。★喫煙によって余計にかかる医療費や失われる労働力等合わせ、GDPの1%以上となる毎年7兆円以上が日本経済の損失。ダバコ税収や経済効果ではこの半分も補填できない。★帰納:個別事例を集めて一般的法則を導こうというやり方。演繹:ある事実や家庭に基づいて、論理的推論により結論を導こうという方法。演繹の代表格としてニユートンの力学。★私が遠くを見ることができているのだとすれば、それは巨人の肩に立っていたからです。byニュートン。巨人=先人の知恵。

レビュー投稿日
2019年4月4日
読了日
2019年4月3日
本棚登録日
2019年4月3日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『統計学が最強の学問である』のレビューをもっとみる

『統計学が最強の学問である』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

西内啓の作品一覧

西内啓の作品ランキング・新刊情報

ツイートする