モサモサドラムさんの本棚

THE PINBALLSメジャー1stフルアルバム『時の肋骨』。

ミニアルバム『NUMBER SEVEN』に引き続き、今回もドラムテクニシャンとして参加させてもらいました。

何かうまく感想を述べたいのですが、ひたすらカッコよすぎて言葉にできない(笑)

全てがエネルギーに溢れていて、心が踊って体が勝手に動きだす、サイコーのR&Rです。

カテゴリ 参加作品

THE PINBALLSのメジャー1stです。エネルギー溢れるロックなバンドサウンドと、その中を突き抜けてくる歌声がホントカッコよすぎ。

僕はドラムテクニシャンとして参加させてもらいました。自分が演奏したわけじゃないけど、本当にメチャ楽しい仕事でした。聴いているとバンドやりたい欲が刺激されます(笑)

是非とも多くの方の手に…!

カテゴリ 参加作品

ライヴにも度々参加させてもらっているあんべ光俊さんのニューアルバム。
 
キャッチーな楽曲に力強いメッセージを乗せた歌がどれも素晴らしいです。
 
代表曲『遠野物語』の新録バージョンや『青い大地に夢は始まる』など、僕は7曲にドラムで参加させてもらっています。

カテゴリ 参加作品

ヘヴィなのにファンキー、ロックでありポップでもある楽曲に豪速球と変化球が織り混ざったような詞と声。
その辺の絶妙なバランスがオモシロイ大山まきちゃんのミニアルバム。
 
その仕上がりはホットな熱量とクールな空気感を併せ持ったとてもカッコ良い作品になっています。
 
僕は収録されている4曲にドラムで参加させてもらっています。

カテゴリ 参加作品

スーパーヒットメーカー・タダシンヤさんのミニアルバム。
 
タダさんの持っているポップな世界観を凝縮して詰め込んだ全6曲のうち、僕は『colors』『はじまりの君』の2曲にドラムで参加させてもらっています。
 
そして自分は参加していないけど、『flowers』のようなタダさんが作る恋愛ではない愛情ソングって音と詞の絡みが絶妙で、その二つが重なって伝わってくる景色がいつも心の琴線に触れてきてグッときちゃいます。

カテゴリ 参加作品

今をときめくスーパーアイドルグループでんぱ組.incの映像作品。

以前に参加させてもらった屋外ライヴの模様の一部もこの中に収録されています。

カテゴリ 参加作品

ツイッターなどで特に話題になっていた
原発作業員ハッピーさんによる著書。

タイトルにある通り、
例の原発事故以降のハッピーさんの
ツイッター投稿を元に
それ以前からあったおかしな事柄や
これからどうなるのかどうすべきかといった事などが
原発の前線現場に長年関わってきた人の視点で
書かれています。

これを読んで、原発の矛盾や問題って
エネルギーや放射能なんかの事はもちろんやけど、
その先に繋がってるのはやっぱり
格差・差別・貧困なんかの問題になるのかな
と改めて思ったりしました。
以前に電力会社に勤務していたという人と知り合った時も
やはりそんな話になったりしたけど、
この辺の問題って色んな要素が絡み合っていて
もう何が良いとか悪いとか、単純には測れないというか。
要するにウマい事仕組みが出来てるな、と。
このままじゃいけないってのは多くの人が思ってるのにね。

とにもかくにも、色々と考えさせられる一冊です。

カテゴリ 社会・経済

昭和ジャズ歌謡的シンガー
浜田マロンちゃんのアップテンポナンバー。

少なくともポップスというジャンルでは
リリース作品に打ち込みが入らない事なんて
ほとんどないと思われる今の時代に、
全て生楽器だけでレコーディングしたこの音源。

こだわりや主張やオリジナリティなどは
どんな作品にでも絶対にあるわけですが、
それに加えてさらに
色んな人達のアツさが込められています。
良ければ是非ゼヒ聴いてみてほしい作品。
MVも面白い仕上がり。

ワシはタイトル曲・カップリング曲ともに
ドラムで参加させてもらっています。

カテゴリ 参加作品

昭和ジャズ歌謡的シンガー
浜田マロンちゃんのアップテンポナンバー。

少なくともポップスというジャンルでは
リリース作品に打ち込みが入らない事なんて
ほとんどないと思われる今の時代に、
全て生楽器だけでレコーディングしたこの音源。

こだわりや主張やオリジナリティなどは
どんな作品にでも絶対にあるわけですが、
それに加えてさらに
色んな人達のアツさが込められています。
良ければ是非ゼヒ聴いてみてほしい作品。
MVも面白い仕上がり。

ワシはタイトル曲・カップリング曲ともに
ドラムで参加させてもらっています。

カテゴリ 参加作品

僕が参加しているバンド【THE★裏ワザ】の、最後のリリース作品。
活動の無期限凍結を前に過去の作品を集めたベスト盤です。

書き下ろしの新曲『ミサイル』と新録された『ありがとう』を含む全18曲を収録。

今回レコーディングした二曲に関しては、最後の最後に最高のモノが出来たと自負しています。

予め予約していただいた全ての方の名前をジャケットに記載させてもらうという特典付き。

カテゴリ 参加作品

僕が参加してるバンド【THE★裏ワザ】のメジャー第三弾作品。

いわゆるカバーアルバムですが、往年のヒットソングから隠れた名曲までが全12曲。年代やジャンルを問わない選曲が面白い作品になっています。

個人的には、歌や演奏の他、音やアレンジなども斬新で秀逸な仕上がりになった『銀の腕時計(原曲:アンジー)』がお気に入り。

カテゴリ 参加作品
  • My Revolution

  • THE★裏ワザ
  • エイフォース・エンタテイメント / 2012年12月4日発売
  • Amazon.co.jp / 音楽
  • 購入する

僕が参加しているバンド【THE★裏ワザ】のメジャー第二弾作品。

今回はタイトル曲がカバーでしかも往年のあの名曲。
ジャケットは、わかる世代の方には笑ってもらえる仕上がりになっているのではないかと。

オリジナル曲も含め、合計三曲収録。

カテゴリ 参加作品

著者の森見登美彦さん自身も
思い入れが深いという今作。
SFファンタジー、青春パロディ、
初恋物語、そしてキーワードはおっぱい。

読み終えるまでに
結構時間がかかったけど、
それはページ数が多いからではなく
出てくる情景を一々思い浮かべながら
読み進めていたからなのかも。
風景とかキャラクターの思考や動作など
色々な想像をゆっくり楽しみながら
読みたくなるストーリー。

解説に
「最後のページを読んだとき、
アオヤマ君とこの本を抱きしめたくなる」
ってあるけど、まさにその通りです。

カテゴリ 小説・エッセイ

僕が参加してるバンド【THE★裏ワザ】のメジャー第一弾作品。

4曲のミニアルバムにもかかわらず、そのキャラクターは今までの作品と比べて多彩で、クオリティ的にもなかなかイイ仕上がりになっているんじゃないかと思っています。

タイトル曲がこのバンドでは数少ないバラードってのも、今までと違って面白いかな、と。

カテゴリ 参加作品

東野圭吾氏の◯笑シリーズ第4弾。

毒舌ブラックユーモア8割、
感動エンタテインメント2割、
って感じでしょうか。

今までのシリーズでは
各編がそれぞれ独立していたけど、
今回は各ストーリーに
少しずつ繋がりがあったりして
そういうのも読んでいて面白かったです。

カテゴリ 小説・エッセイ

何のきっかけか忘れたけど、
岐阜県の未来工業という会社と
その創業者である山田昭男さんの事を知り、
すんごく興味を持っていて本書も購入。

山田さんの言動はどれもファンキーで
何だかハチャメチャにも思えるけど、
中身を覗いてみると一々理に適っていて合理的。
それでいて人間味があって面白い。
つまりは素敵すぎます。
こんな会社がホントにあるのか?
って思うけど、ホントにあるんですねぇ。

他の著書でも同じ内容の事を
いくつも述べられているけど、
本書では未来工業の社員さん達のインタビューも
載っていてその辺も面白いです。

カテゴリ 社会・経済

タイトルはねこ背ですが、書かれている中身は
呼吸の事や体の動かし方など
人体力学に関する話が色々と。
猫背を治したい以外にも、
例えば腰痛や肩こりを改善したいって人には
そういうヒントになる内容かも。

モーラー奏法やアレクサンダー・テクニーク
なんかに通じる部分もあるので、
楽器奏者にもイイかもしれません。

あと、自己啓発的な内容も少しあるけど
それらも身体との繋がりから書かれてあって
面白いです。

カテゴリ 食事・健康

タイトルにつられて購入。
中身を開けてみたら
想像と違う内容でしたが
これもまた面白かったです。

常識や既成概念に捉われない事の重要性は
色んな人が説いていますが、
この本では具体的な例や物語に乗せて
それらが解説されています。

視点は支点で始点の話なんかは
特に興味を惹かれた内容。
常に心に留めておきたいと思います。

カテゴリ 社会・経済

アーユルヴェーダが基になってる内容。
一般的に良いと思われているものと
共通する部分もあれば違う部分もありますが、
白湯が身体にイイというのは
やはり色んな食事・健康法に共通するのだなと。

あ、ちなみにワシ、
夏でも冬でも白湯を水筒に入れて
持ち歩いています。

カテゴリ 食事・健康

妙に親近感の湧く現実と
絢爛さと陳腐さが入り混じった妄想を
激しく行き交って何だかわけわかんない感じが
森見さん作品の面白さの一つ
という個人的解釈ですが、
この作品もその一つ。

カテゴリ 小説・エッセイ

今まで触れて来た外的要因によって
自分の中に積み上がってきた価値観や概念。
それらの感覚をリセットする事って
なかなか難しいけど、
時にはとても大事な事かもしれないな〜
と、そんな事を考えている時に出会った一冊。

雨宮さんの著書なだけに
貧困問題が最大のテーマになっていますが、
お金や仕事に関わらず人生における価値観を
ちょこっと見直したいなんて思う人にも
オススメかも。

カテゴリ 社会・経済

作家としても第一線で活躍中の我らがタダ先生の初映像作品。

何気に僕もちょいちょい映っとります。それにしてもやっぱ僕って結構な天パなんですね。

カテゴリ 参加作品

ロクセンチを最初に知ったのは『レイトショーを観に行こう』でした。
歌も楽曲も素晴らしいです。
まさか自分が参加させてもらう事になるとは。

てなわけで、全10曲のうち4曲でドラムで参加させてもらっています。

カテゴリ 参加作品

話題の風呂漫画、
毎回ベタな展開だが
気付けばすっかりハマってました。

作者の風呂への愛情に溢れていて、
読むと銭湯に行きたくなります。

カテゴリ マンガ・雑誌
ツイートする