愛蔵版 星の王子さま

4.15
  • (220)
  • (68)
  • (133)
  • (8)
  • (2)
本棚登録 : 847
レビュー : 140
制作 : Antoine de Saint‐Exup´ery  内藤 濯 
koishi-2018-bunさん ◆児童文学と絵本   読み終わった 

2015/12/23 映画「リトルプリンス 星の王子さまと私」を見ました。
原作は子供の頃に読んだけれど、すっかり忘れています。
もう一度読みたい!
⇒ URLはこちら http://sea.ap.teacup.com/pasobo/2043.html 『映画「リトルプリンス 星の王子さまと私」を見る 』 :  〜 Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

たくさんある中から、この本を選びました。

内藤 濯 の翻訳が、すごくいいです。
それにしてもこの話、童話と言いながら 内容が深く心に訴えかけてきます。


2015/12/23 予約 2016/01/10 借りて読み始める。1/16 読み終わる。

内容と著者は

愛蔵版 星の王子さま

内容 : 原タイトル:Le petit prince
世界中で愛読される不朽の名作「星の王子さま」を、アメリカで出版された初版本に拠って改訂。
ニューヨークのモーガン・ライブラリーに所蔵されている草稿やデッサンの中から選んだ素描6葉も巻末に収録する。

「お願い…。ヒツジの絵を描いて」「なんだって?」「ヒツジの絵を描いてよ」 こんなふうに、目の前にふいに現れた王子さまこそ、小さな星の王子さまなのです。人を好きになるということのすばらしさと、責任を伝える物語。

内容紹介
飛行機のパイロットの「ぼく」には、心をこめて語りあえる友だちなんて、ひとりもいなかった。6年前、サハラさばくで飛行機がこわれるまではね。その夜、ひとりきりで人里からはなれた場所でねむっていると、へんてこな声が聞こえた。「お願い…。ヒツジの絵をかいて」その小さな男の子こそ、小さな星の王子さまだったんだ…。

著者 : サン=テグジュペリ Saint-Exup?ry,Antoine de

1900〜44年。フランス・リヨン生まれ。郵便飛行士、新聞の特派員などの仕事に就きながら「夜間飛行」や「人間の大地」などを出版。

翻訳 : 内藤 濯

レビュー投稿日
2019年1月12日
読了日
2016年1月16日
本棚登録日
2019年1月12日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『愛蔵版 星の王子さま』のレビューをもっとみる

『愛蔵版 星の王子さま』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『愛蔵版 星の王子さま』にkoishi-2018-bunさんがつけたタグ

ツイートする