OD>大人と子どものための世界のむかし話 12 フィンランド・ノルウェーのむかし話

著者 :
  • 偕成社 (2000年7月1日発売)
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 8
感想 : 1

フィンランド ノルウェーのむかし話―森の神タピオほか

4月のN響定期コンサートで、ヤルヴィ指揮のシベリウスの2番を聞きました。
⇒ URLはこちら http://sea.ap.teacup.com/pasobo/1756.html 『2014/4/19 「4月N響定期、ヤルヴィ得意の北欧音楽」』 :  〜 Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

シベリウスってどんな人。 
シベリウス―写真でたどる生涯
マッティ フットゥネン, 舘野 泉 / 音楽之友社 ( 2000-11-01 )
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4276226112/seaapteacucom-22/ref=nosim

フィンランドってどんなところ? 神話・伝説を読んでみたいな。
まずは、子供向けの本を読みます。
最初に けっこう残酷な話(トロールだから許されるのかな)があってびっくり!
風土が違うので 出てくる動物や自然が違いますが、
全体的には ふつうの子供向けのお話でした。

2014/04/30  予約 5/6 借りて読み始める。 5/11 読み終わる。

内容と著者は

内容 :
トナカイを追った若い狩人が森の神の家まできてしまった。
狩人は神の家にとまり、娘と結婚することになった。
3年すぎてひとりのむすこが生まれた。
狩人は、妻や子どもをつれて、ふるさとに帰ってみたいと神に願いでた。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: ◆児童文学と絵本
感想投稿日 : 2019年1月12日
読了日 : 2014年5月11日
本棚登録日 : 2019年1月12日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする