フェルメール 光の王国 (翼の王国books)

3.88
  • (52)
  • (53)
  • (51)
  • (9)
  • (1)
本棚登録 : 646
レビュー : 84
著者 :
制作 : 小林廉宜 
koishi-2018さん アート   未設定

2012/5/5 友人とフェルメール光の王国展へ行きました。

面白かったので、この本も読んで見ることにしました。

 ⇒ URLはこちら http://sea.ap.teacup.com/pasobo/1367.html 『フェルメール光の王国展と銀座歩き』 :  〜 Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

こちらも行きたいね!
 ⇒ URLはこちら http://sea.ap.teacup.com/pasobo/1401.html 『「マウリッツハイス美術館展」でフェルメールを見よう』 :  〜 Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

2012/5/5 予約 8/11 借りる。8/20 読み始める。8/31 読みきれずに一旦返却。
もう一度借りて 読みます!!

内容と著者は

内容 :
彼らが焦がれた、その光に導かれ、私は旅に出た−。
“フェルメールの作品が所蔵されている美術館に赴いてフェルメールの作品を鑑賞する”というシンプルな原則に従って続けてきた旅をまとめる。
『翼の王国』掲載を書籍化。

著者 :
1959年東京都生まれ。京都大学卒。青山学院大学教授。
著書「生物と無生物のあいだ」はサントリー学芸賞及び中央公論新書大賞を受賞しベストセラーとなる。
他の著書に「ロハスの思考」など。

レビュー投稿日
2019年1月12日
本棚登録日
2019年1月12日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『フェルメール 光の王国 (翼の王国boo...』のレビューをもっとみる

『フェルメール 光の王国 (翼の王国books)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『フェルメール 光の王国 (翼の王国books)』にkoishi-2018さんがつけたタグ

ツイートする