凍りのくじら (講談社文庫)

4.03
  • (1894)
  • (2034)
  • (1201)
  • (200)
  • (40)
本棚登録 : 16895
レビュー : 1802
著者 :
こうじ。さん 感動した・一生持っておきたい   読み終わった 

 辻村深月さんの本を紹介しているものに「切ない度☆☆☆ 優しさ度☆☆☆」、「切なくて苦しくて、でも読んだ後は幸せであたたかい気持ちになれます」とあった。

 本当にその通りだった。これまで読んできた感動系の小説は、感動の山場が一つあった。でもこの小説には、(あくまで僕個人としては)山場が二つあった。一冊の本で二回も号泣したのは初めてだった。
 
 昔、留守番のときは必ずドラえもんのビデオを見て…中学生になっても映画を観にいったりして…自分もドラえもんが好きだったことを思い出した。
 
 主人公だけでなく、読者にもあたたかい涙と優しい光をくれる小説でした。一生持っておきたい小説に仲間入り。

レビュー投稿日
2012年5月24日
読了日
-
本棚登録日
2012年5月22日
5
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『凍りのくじら (講談社文庫)』のレビューをもっとみる

『凍りのくじら (講談社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『凍りのくじら (講談社文庫)』にこうじ。さんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする