国境の南、太陽の西 (講談社文庫)

3.52
  • (685)
  • (1110)
  • (2178)
  • (197)
  • (45)
本棚登録 : 9761
レビュー : 865
著者 :
コジコジさん 文学   読み終わった 

『国境の南、太陽の西』という洗練されたタイトル、軽やかな文章、現代的でありながら哲学的なテーマ性、いずれを採っても非常に面白かった。

本作品は「作者 村上春樹」ということが極めて重要である。仮に「作者 村上春樹」でなければ、不倫をテーマとした単なる恋愛小説と言えなくもない。他作品、例えば羊三部作などを反芻したうえで村上作品に佇む「喪失的」との対比が浮かび上がる。であるから「作者 村上春樹」であることが重要である。

誰もが持つ過ぎ去った日の追憶。過去に得られなかったもしくは失ったものへの渇望。それに対する喪失感は、ある時点で取り戻そうとしても、別の喪失感をもたらすだけなのかもしれない。ハジメにとって「島本さん」は幻想が具象化した存在であり、喪失を取り戻すため全てを投げ打つ価値があると錯覚を与える存在であったのだろう。

「国境の南」「太陽の西」、存在しないその先を渇望する喪失感、恋愛小説と春樹イズムが融合した非常に良い作品であった。

レビュー投稿日
2017年1月18日
読了日
2017年1月19日
本棚登録日
2017年1月18日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『国境の南、太陽の西 (講談社文庫)』のレビューをもっとみる

『国境の南、太陽の西 (講談社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする