十角館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫)

4.05
  • (1454)
  • (1555)
  • (907)
  • (125)
  • (28)
本棚登録 : 11034
レビュー : 1244
著者 :
コジコジさん 文学   読み終わった 

約30年以上前の著作ゆえ既にミステリーの古典的名作といってもよいだろう。であるのになにゆえ一切映像化されていないのかと不思議に思った。読み終わってなるほどそういうことかと分かった。本作は極めて優れた「ミステリー小説」だったというわけだ。

★4つか5つかで迷ったが人間描写にやや弱さがあり★4つ。しかし構成は素晴らしくミステリーとしては間違いなく5つだ。たまたまミステリーは読む機会が少なかったがこうした良質な作品と出会うと他のミステリーの名作も読みたくなってくる。旧装版と新装版があるが、あの衝撃の一行がページ見開き後にくるよう計算されているので、絶対に新装版で読んでいただきたい。

レビュー投稿日
2016年11月12日
読了日
2016年11月12日
本棚登録日
2016年11月7日
5
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『十角館の殺人 <新装改訂版>...』のレビューをもっとみる

『十角館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする