海辺のカフカ (上) (新潮文庫)

3.65
  • (2337)
  • (3045)
  • (4823)
  • (483)
  • (117)
本棚登録 : 26184
レビュー : 2021
著者 :
コジコジさん 文学   読み終わった 

平衡世界がある時点で交差し収斂して喪失する、村上作品はそうした特徴を持っているが、本作品は他作品と比べてより具象的な印象を受ける。かつ直接的な残虐性や暴力性も備えている。ここにある世界はパラレルワールドではなく時空という概念を取り払った平衡世界が描かれる。

田村カフカという15歳の少年を通した平凡な世界と極めて特殊な体験と、ナカタという存在がどう関係してくるのか、下巻を読み進めたい。

レビュー投稿日
2017年3月21日
読了日
2017年3月21日
本棚登録日
2017年3月20日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『海辺のカフカ (上) (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『海辺のカフカ (上) (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする