パニック・裸の王様 (新潮文庫)

3.57
  • (52)
  • (91)
  • (142)
  • (14)
  • (4)
本棚登録 : 866
レビュー : 94
著者 :
コジコジさん 文学   読み終わった 

開高健氏の代表作『ベトナム戦記』『輝ける闇』と続けて読んだが、それらとは違う、芥川賞作家としての開高健がここにあった。『パニック』『裸の王様』『流亡記』、いずれも甲乙つけ難い珠玉の作品だが、自然現象と厭らしい人間模様を描いた『パニック』と、始皇帝を題材として人間の残酷さと時代の流々転々を描いた『流亡記』が面白かった。

レビュー投稿日
2018年12月17日
読了日
2018年12月17日
本棚登録日
2018年12月3日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『パニック・裸の王様 (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『パニック・裸の王様 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする