檀 (新潮文庫)

3.72
  • (64)
  • (81)
  • (112)
  • (9)
  • (3)
本棚登録 : 595
レビュー : 82
著者 :
コジコジさん 文学   読み終わった 

『火宅の人』の作者壇一雄氏の妻であるヨソ子氏の視点で描かれる30年の愛憎物語。不倫相手との詳述な蜜月の日々を小説で知るとはどのような気持ちであろう。嫉妬に身を焦がしながらそれでも夫を愁うとはどのような想いであろう。壇氏の持つ人間的魅力(人としては相当屑だと思うが・・・)とヨソ子氏の底知れぬ強さが相見えた結果、この不思議な夫婦関係が生まれた。

本作品は夫妻の関係は然ることながら、ノンフィクション作家沢木耕太郎の本領発揮といったところだろう。文庫本解説でも語られるように「四人称」というほかに類をみない手法で本作品は描かれる。作品内容は個人的にあまり好きではなかったが、解説を見て「四人称」という表現にはなるほどなと感心させられた。

レビュー投稿日
2019年3月11日
読了日
2019年3月11日
本棚登録日
2019年3月3日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『檀 (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『檀 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする