安保論争 (ちくま新書)

4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 21
レビュー : 1
著者 :
kojiokawaraさん  未設定  読み終わった 

・9/21 読了.やはり国の安全保障に関して全然勉強してこなかったツケは大きいと思った.歴史を勉強しても経緯を分析しないと意味ないな.国家間の力のバランスが崩れて力の空白地帯が生まれると戦争になってきた過去を歴史から学ばないといけないことを知った.でも究極にはほぼ全世界の国から好かれる国になること.人類にとってこの国が独立して必要で、どの国にも侵略させないよう全世界が協力して守ってくれるようなユニークな国になること.素晴らしい夢のまた夢だと思う.

レビュー投稿日
2017年9月21日
読了日
2017年9月21日
本棚登録日
2017年9月20日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『安保論争 (ちくま新書)』のレビューをもっとみる

『安保論争 (ちくま新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする