奥様はクレイジーフルーツ

3.03
  • (12)
  • (79)
  • (202)
  • (70)
  • (10)
本棚登録 : 1033
レビュー : 135
著者 :
ひつじぐもさん 現代小説   読み終わった 

初出2011〜14年「オール讀物」の連続12話。

結婚4年、30代、子供なしの初美は、多忙な雑誌編集長である夫とのセックスレスに悩み、接点のある大学のゼミの仲間、義弟、向かいの部屋の老夫婦の孫の浪人生とのアバンチュールを妄想する。もちろん夫には猛アタックするがはぐらかされる。普通なら傷ついて逆に拒否してしまうところだが、悩んでジムに通ってシェイプする姿もかわいらしい。
3年も続いて、家出したりもするのだが、結局は夫との静かな幸せを望むようになったこころに、雑誌が休刊になった夫から駅前のラブホに誘われる。

毎回フルーツがアクセントになり、けっしてドロドロにならず真剣に悩み続ける姿が、女性の生きづらさを描く作者らしい切り口だと思う。
私なら、いっぱい満足させてあげるんだけどなあ。

レビュー投稿日
2019年7月27日
読了日
2019年7月27日
本棚登録日
2019年7月27日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『奥様はクレイジーフルーツ』のレビューをもっとみる

『奥様はクレイジーフルーツ』にひつじぐもさんがつけたタグ

ツイートする