金の月のマヤ(1) 黒のエルマニオ

3.42
  • (4)
  • (9)
  • (15)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 125
レビュー : 15
著者 :
kokkomameさん 日本児童文学   読み終わった 

小学4年生の観月マヤは、ある日突然、異世界`シャドゥイン`へと迷い込んでしまう。
この世界では、エルマ(精霊)が全てを形づくる。エルマの秘密の名前を唱え、エルマを自由に操れる人はエルマニオだ。ただし、闇のエルマを操れるのはシャドゥインとは反対の世界中から来たものにしかできない。
マヤは、闇のエルマを操れる、黒のエルマニオになり救世者になると選ばれて、シャドゥインに連れてこられたのだ。

しかし、異世界にきてすぐにエルマニオになれるわけではない。
王立アカデミーに通い、エルマニオになれるよう学びはじめるのだ。

レビュー投稿日
2016年10月8日
読了日
2016年10月8日
本棚登録日
2016年10月8日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『金の月のマヤ(1) 黒のエルマニオ』のレビューをもっとみる

『金の月のマヤ(1) 黒のエルマニオ』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする