鉢かつぎ姫 (新・講談社の絵本)

著者 :
  • 講談社 (2002年2月18日発売)
4.25
  • (4)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 35
感想 : 4
4

日本昔話
昔、河内国(大阪府)にお金持ちの侍がいました。何不自由な暮らしていましたが、子宝に恵まれなかったため、観音様にお祈りをし、そのかいあってかわいい女の子をさずかりました。姫は大切に育てられましたが、13歳になったとき、母は病で亡くなりました。亡くなる前に母は、仏様のおつげだからと、母は姫の頭に木箱をのせ、大きな鉢をかぶせました。
大きな鉢は頭から取る事はできず、姫は川に身を投げるも、鉢があるため沈むことなく、通りかかった船頭に助けられる。そして三位の中将の館で風呂焚きの仕事をするようになった。みんなが鉢かつぎを気味悪がるなか、殿さまの四男、宰相は姫も気立ての良さに気がつき、鉢かつぎと結婚したいと思う。
三位の中将の館では結婚は反対、鉢かつぎは身をひこうとしますが、二人の気持ちが通じた時、鉢ははずれ、中の木箱からは宝ものがあらわれました。
館のものたちは鉢かつぎを笑いものにしようと思っていたけれど、鉢かつぎの美しさ、琴や歌も上手なことに、誰も文句を言えなくなってしまった。


平安時代の美しい絵巻のようなイラスト。
ひと昔前の少年少女が読んだ本、というかんじの装幀。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 絵本
感想投稿日 : 2012年3月5日
読了日 : -
本棚登録日 : 2012年3月5日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする