笑われたくない! (文研ブックランド)

3.71
  • (2)
  • (2)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 18
レビュー : 3
著者 :
kokkomameさん 日本児童文学   読み終わった 

4年生の結花(ゆか)は、生まれつきの脳性まひという病気で、手足が不自由だ。歩けないし、車いすもこげない。1人で動くときは四つんばいでハイハイしている。
2学期末にはお楽しみ会がある。ケーキを食べてジュースを飲んで、班ごとに出し物をする。班は、仲良しの小雪ちゃんと、翔太と信吾だ。心密かに、自分にも出来る出し物がいいなと思っていた結花だけど、「二人羽織」に決まり、小雪ちゃん結花の手の代わりをしてくれるとわかり、安心する。
ちゃんと二人羽織が出来るように一生懸命練習する結花。
上手くできなかったら、笑われる。それは嫌だから。結花は障がいがあることで、人に見られたり、笑われたりしている気がするから。
でも、笑われるって、本当に嫌なこと?
翔太や信吾は、上手くやるより、みんなが笑ってくれるように、ちょっと下手でいいと言う。
結花の思う笑われる、と、ちょっと違う、笑い。

本当に大切な事って?

レビュー投稿日
2017年9月4日
読了日
2017年9月4日
本棚登録日
2017年9月4日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『笑われたくない! (文研ブックランド)』のレビューをもっとみる

『笑われたくない! (文研ブックランド)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする