シャドウ・ワーク―生活のあり方を問う (岩波現代文庫)

  • 岩波書店 (2006年9月15日発売)
3.50
  • (5)
  • (7)
  • (11)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 158
感想 : 12
5

「平和とは貧しい者とその生活の糧を、戦争の暴力から守るということを意味していたのだ」p.31

ひとくちに「平和(パックス)」といっても、宗教によってその定義は違うし、このごろは経済的な平和(パックス・エコノミカ)が平和の定義の主流になっている、というのはわかりやすかった。
本当の「平和」は、個々の人々の暮らしによって異なるに違いありません。
911、311以後は「経済」の危うさが実感として日本人の中にあるように思います。経済や文明の発展の影(シャドウ)に隠れた、私達が本来求めている生活、平和はなんでしょう?本書の副題は「生活のあり方を問う」なのですが、私たちにとっては、まさに「見直し、問わなければい」タイミングにあり、一読の価値アリだな、と思いました。オススメ!

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: after 311
感想投稿日 : 2012年2月2日
読了日 : -
本棚登録日 : 2012年2月1日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする