愛と経済のロゴス カイエ・ソバージュ(3) (講談社選書メチエ)

3.55
  • (17)
  • (33)
  • (60)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 345
レビュー : 27
著者 :
ココロウタ 心偈さん 知・遊・戯   読み終わった 

第1巻で加速し、第2巻で浮遊し、この第3巻では、本来並んで語れることの少ない現世の2大キーワード「愛」と「経済」をひとつにした巨大クラウドに突入! いやあ、大胆な試みです。面白い。
「交換」という方法だけが支配する世界では、人が、気持ちが阻害されてしまう。おカネを稼ぐために経済社会のシステムに埋没し、労働のリアルな幸福感を得ることができにくい、かなしき状況はここ何十年か続いていて、もう限界だろうと、多くの日本人が思っているのではないでしょうか?
では、どうしたらよいのか?
そのひとつの答えとして、古来にあった「贈与」あるいは「純粋贈与」という方法の存在を提示してくれています。

そして、もうひとつ重要な提言として、神話が語るところによると「適切な質問をしない」(問いを発しない、および、尋ね方が間違っている)ことは滅びに加担するのと同じこと、という言葉も重みがありました。

気づき、適切に発言していく、そろそろそういう責任が私たちに課せられていることを諭してくれるナイスな本。

レビュー投稿日
2010年9月6日
読了日
2010年9月6日
本棚登録日
2010年9月6日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『愛と経済のロゴス カイエ・ソバージュ(3...』のレビューをもっとみる

『愛と経済のロゴス カイエ・ソバージュ(3) (講談社選書メチエ)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『愛と経済のロゴス カイエ・ソバージュ(3) (講談社選書メチエ)』にココロウタ 心偈さんがつけたタグ

ツイートする