茶の本 The Book of Tea【日英対訳】(対訳ニッポン双書)

4.50
  • (3)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 72
レビュー : 3
著者 :
制作 : 松岡正剛 
ココロウタ 心偈さん グローバルリーダーになる!   読み終わった 

-西洋はいつになったら東洋を理解するのだろう、いや、理解しようとするのだろうか?When will the West understand, or try to understand, the East?-

1906年、東京藝術大学を設立者で、ボストン美術館の東洋部門を創りだした岡倉天心が、英文で執筆し、ニューヨークで出版された一冊。戦争の時代、武士道=「死の術」ばかりが取りざたされるなか、あえて、「茶道」=「生の術」を語りながら、世界に向けて、日本の心を知らしめるために書かれた、珠玉の一冊。「西洋」は「現代日本人」におきかえられるかも。老いも若きも、すべての日本人に読んでほしい。英文、日本文名訳、ともに堪能すべし。英語勉強にGOOD!

レビュー投稿日
2009年3月25日
読了日
2009年3月25日
本棚登録日
2009年3月25日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『茶の本 The Book of Tea【...』のレビューをもっとみる

『茶の本 The Book of Tea【日英対訳】(対訳ニッポン双書)』のレビューへのコメント

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする