邪悪なものの鎮め方 (木星叢書)

3.86
  • (63)
  • (83)
  • (59)
  • (10)
  • (5)
本棚登録 : 792
レビュー : 100
著者 :
Yasunoriさん 言葉と思考   読み終わった 

「自分が所有したいのだけれど所有できていないもの」を数え上げるのを止めて、「自分がすでに豊かに所有しているので、他者に分かち与えることのできるもの」をチェックする仕事に切り替えるということの方が、心身の健康にはずっとよいことであり、すぐれた「危機対応」である。

非現実の幻想を現実だと思いなす、かなり身勝手な人間の場合しか「妥協」ということは起こらない。可動域の制約は「織り込み済み」の与件として、それを「勘定に入れた」上で、自分に何ができるかを考えていく。

まさに、「どうふるまってよいのかわからない場面で適切にふるまうことができる」ための発想の転換を促す要素が散りばめられています。

レビュー投稿日
2012年7月31日
読了日
2012年7月31日
本棚登録日
2012年7月7日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『邪悪なものの鎮め方 (木星叢書)』のレビューをもっとみる

『邪悪なものの鎮め方 (木星叢書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『邪悪なものの鎮め方 (木星叢書)』にYasunoriさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする