流鶯の母ちゃんがヤバイな。そしてブランコがいつの間にか世話焼き父ちゃんになってる。潤平は相変わらずのセクシーDTのままでいて欲しい。久しぶりの都がキュートでした。そして巻末付近に良い感じの調味料が降りかけられた!

2022年1月3日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2022年1月3日]
カテゴリ 0726_マンガ

 ちょっと環境的には古すぎた・・・。Win10では環境構築が出来なさそう(残念)
でも内容的には易しくて面白いので時間があるときに通し読みはするかもしれない。

2022年1月3日

読書状況 読み終わった [2022年1月3日]
カテゴリ 0530_機械工学

 見える子ちゃんの原作はキャラを含む各種設定が秀逸で、かつ、あえて不明瞭にしてある部分も多いので、想像を膨らませやすく、アンソロジーし甲斐があると思います。どの作品も面白かったです。個人的一推し作品は「見える子ちゃんを知っている子ちゃん」です。

2022年1月3日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2021年12月27日]
カテゴリ 0726_マンガ

 アニメはものすごく楽しんだのだが、原作はちょっといろいろな要素がうるさい。特に最近はショッショショッショがちとウザい。

2022年1月3日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2021年12月23日]
カテゴリ 0726_マンガ

舞菜が480円ちゃんとして世界に見つかってしまったのがほっこりした。

2022年1月3日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2021年12月20日]
カテゴリ 0726_マンガ

 宇崎に続き、ウザい系作品にまた手を出してしまった。
 この手の作品に共通して言えるのは関係性が安定したあとはどうも苦しいなという事。やっぱり告って終わって、あとはスピンオフの方が(あくまで一読み手としてのエゴだが)面白かったのでは?と思う。

2022年1月3日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2021年12月9日]
カテゴリ 0726_マンガ

 長瀞さんのレビューでも書いたが、相思相愛がほぼ確後のストーリーはあまり面白くない。いろいろ周辺キャラを追加して話を拡げようとしているが、基本的にもうネタ切れなのだろうと思う。キリの良いところで終わらせてスピンオフと二次創作で市場拡大した方がよっぽどいい儲けになるのでは?と思う。

2022年1月3日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2021年12月3日]
カテゴリ 0726_マンガ

中央構造線にぶつかった川はその後すべて構造線沿いに流れることを余儀なくされる。
 紀伊半島の紀ノ川、四国の吉野川はかつて陸地だった紀伊水道で合流し、南海トラフ側に流れ込んでいた…そしてこれには淀川も合流していた…

壮大やなあ…

 そんな川にまつわる知識の詰まった一冊。

2022年1月3日

読書状況 読み終わった [2021年11月23日]

 元原作「ダイの大冒険」のスピンオフ「勇者アバン」のその後を描いた作品、本巻ではアバンが海波斬を習得し、いずれ完成するであろう自らの必殺技に「アバンストラッシュ」と名付けるまでの道のり。ボスキャラのオトギリ姫がいい味を出している。ザボエラ、ザムザや幼少ヒュンケルも登場。

2022年1月3日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2021年11月8日]
カテゴリ 0726_マンガ

 アニメの第一話を観てみて、なんか微エロとホラーがそれぞれ交じり合わずに中途半端な気がした。が、どうも原作の評判はいいようなので、原作の無料配信分を読んでみたら面白かった。
 で、の、まとめ買いの一気読みでした。

 アニメの方は匂わせ最終回で初見勢の人たちは「???」って感じでしょうね。あまり好きなやり口ではない。

2022年1月3日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2021年11月8日]
カテゴリ 0726_マンガ

 もしも「北斗の拳」がマンガではなく実写ドラマだったら!?という仮想世界をマンガ化するというなんかすげえメタなおはなし。

2022年1月3日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2021年10月24日]
カテゴリ 0726_マンガ

16巻を読みながら、
15巻を読み終えた記憶が無いな?と思っていたのに、
16巻を読み終えて、
15巻を読み直して、
15巻を読み終えていた事を思い出した。

うん、ちゃんと読んでたんです。
解釈を無意識に保留していたんでしょうね。

田中七段と、
林田先生が、

改めて大好きだと感じた一冊でした。

2021年10月1日

読書状況 読み終わった [2021年10月1日]
カテゴリ 0726_マンガ

 すごく面白いのに、スーパーギャングと、ルネヴァンダールワタナベと、歌うヘッドライトが出てこない事に猛烈に号泣している。

2021年9月27日

読書状況 読み終わった [2021年9月27日]

 セクシーDT潤平が今日も往く!

2022年1月3日

読書状況 読み終わった [2021年9月14日]
カテゴリ 0726_マンガ

 100分deとあるが、150分程度で斜め読み。

 「遠野物語」「古事記」「ニーチェ」「芥川」「マルクス」が飛び交う『共同幻想論』の最終的に言いたいことは何か。

 ざっくり言えば、自立したこの思想が「個人幻想」であり、ニーチェの言う「貴族道徳」であると、そして、ポピュリズムやファシズムに流されルサンチマンに縛られたマッスの幻想が「共同幻想」であり、ニーチェの言う「奴隷道徳」であるとまとめてある、という風に理解した。とりあえず。

10分de感想(2021/08/20筆)

2021年8月20日

読書状況 読み終わった [2021年8月20日]
カテゴリ 0100_哲学・思想

 13冊大人買いしてしまった…

2021年8月14日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2021年8月15日]
カテゴリ 0726_マンガ

対談の、「コロナ禍と“クソどうでもいい仕事"について」と
特集の、 「アートとことば」

を主に読むために購入。『三体』の書評もあったが、三部作全体の書評で、本雑誌刊行時点で、また日本では第二部『黒暗森林』までの訳しか無かった為、この時は読まなかった。
(2020/10/21筆)

 最近第三部『死神永生』まで読了したので、改めてこの書評を読んだ。

 冒頭から第三部の核心に触れる箇所があったりするので、この書評は『三体Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ』読了後に読まれることをお勧めする。
 内容は、Ⅰ・Ⅱの人間社会への洞察の深さにⅢの宇宙観への大風呂敷、シリーズを通して感じるジェンダー観の甘さに対する認識も含めて、私自身が読了後に感じた感想とほぼ同じであった。この甘さは個人的には「銀英伝的」「ガンダム的」甘さのように感じた。評者は中国の創作文化的に仕方がない部分があり、創作環境に恵まれた日本の作家はそういった部分も頑張って欲しいといった激励をしてはいるが、日本のSFもなかなかに立ち遅れている気はする。それは書き手の問題というより、SFという科学的想像の羽を拡げ倒した世界観の中に住む住人はせめてTypical(典型的)であってもらうことにより、物語世界と読み手の現実を接続して欲しいという「読み手の需要」の問題もあるのではないかと少し感じている。

(2021/08/14筆)

2021年8月14日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2021年8月14日]

 アニメのえりぴよのぶっとび感は面白かった。ファイルーズあいさんの声を当てたのも良かったのだと思う。で、当時は流石に原作まではいいかな…と思い購入はしなかったが、続きが気になってきたので、最近になってからKindleでまとめ買い。今んとこまだ武道館の兆しは見えんがどうなる事やら…。舞菜とえりぴよ以外のキャラにもようやく目が行くようになってきた最近です。

2021年8月14日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2021年8月13日]
カテゴリ 0726_マンガ

 最近会社で導入されそこそこ評判が良いらしく、自分用に1ライセンス購入して、本書も購入。お値段以上…とはいえない浅い内容だが、とっかかりで迷子にならないように高価いのは覚悟で買うのならいいかもしれない。

2021年8月13日

読書状況 読み終わった [2021年8月10日]
読書状況 読み終わった [2021年8月10日]
カテゴリ 0361_社会学

奏の精神的安定性は横綱級だ。

そういった横綱相撲の主人公を据えているからこそ、本来女王キャラであるべきはずのさくらのゆらっぎぷりが映えるし好きすぎる。

 ま、どこかでこの立ち位置が逆転する場面が現れて、さくらがめっちゃ奏を励まして私の涙腺崩壊する未来しか見えん。

(2021/08/13筆)

2021年8月13日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2021年8月10日]
カテゴリ 0726_マンガ

扉絵っω

2021年8月13日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2021年8月6日]
カテゴリ 0726_マンガ

 5歳の僕と母と妹が東京から岡山に新幹線で移住(?笑)した時期の時刻表。

2021年8月13日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2021年7月2日]
カテゴリ 0200_歴史

 とにかくレイラがエロ良い。
 そしてマトリフ登場!どうなる?(なにが?w)

2021年8月13日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2021年7月2日]
カテゴリ 0726_マンガ
ツイートする