素晴らしいアメリカ野球 (新潮文庫)

3.36
  • (4)
  • (5)
  • (12)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 177
レビュー : 12
komatta22232223さん  未設定  読み終わった 

架空の野球チームの物語ってことで「ユニヴァーサル野球協会」を思い出したりもしたんだけど、読んでる最中に思い出したのは「愉楽」かな。障碍者の扱いがひどくて「怒られるだろコレ」という点で。野球好きとしては「おもしろいけど、もう野球関係なくね?」という部分の不満は伊坂の「あるキング」を思い出したり。送りバントをせずにエンドラン多用理論は「マネーボール」より先に行ってるな、とも思った。あれはある種の定説なんかな?
ということで何かもう一つハマれず。荒唐無稽過ぎる?いや、荒唐無稽でもええねんけど何やろな…
あと、井上ひさし解説。井上ひさしって吉里吉里人くらいしか読んでないけど、この解説は高橋源ちゃんっぽかった。いや、高橋源ちゃんが井上ひさしっぽいのか?

レビュー投稿日
2016年6月28日
読了日
2016年6月28日
本棚登録日
2016年6月28日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『素晴らしいアメリカ野球 (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『素晴らしいアメリカ野球 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする