王妃の帰還

3.76
  • (82)
  • (199)
  • (152)
  • (16)
  • (2)
本棚登録 : 1079
レビュー : 192
著者 :
香海さん  未設定  読み終わった 

お嬢様学校の中等部2年B組には5つのグループが存在する。
トップの姫グループ、ギャルグループ、ゴスグループ、マリアグループ、最下層の地味グループ。
地味グループに属する範子は姫グループの中心人物を密かに王妃と呼んで憧れていた。王妃はクラス内の女子をいじめ、ある日姫グループから追い出され孤立。
孤独な彼女の姿を見ていたたまれなくなり、地味グループが迎え入れてしまったが…さぁ大変。プライドが高くわがままな王妃に振り回され、メンバーが他のグループに移籍する騒ぎも。このままでは平穏な生活が送れない、彼女を元のグループへ帰還させようと作戦会議を始める。。。

「桐島、部活やめるってよ」と同じスクールカーストの話なのに、こちらはとてもコミカルで、悪戦苦闘する彼女たちは至って真剣で面白い。歴史オタクの範子が、フランス史になぞらえて(王妃はマリー・アントワネット扱い)クラス内の出来事を見つめているのも。
結局範子以外の3人のメンバーが一度地味グループから離れたり、1番大人しい範子が最後にクラスのボスと闘ったりとドラマが多く、最後はうまくまとまってとても読後感がよかった。1日で読破。

範子母が後半で、チヨジに救いの手を差し伸べたのがとてもよかった。思春期で複雑な環境や心境を抱え込む子供を、大人はきちんと見守っているよという描写がちゃんとあったのがよかったな。

柚木さん、これからチェックしてみようっと♪

レビュー投稿日
2013年6月11日
読了日
2013年6月11日
本棚登録日
2013年6月10日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『王妃の帰還』のレビューをもっとみる

『王妃の帰還』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『王妃の帰還』に香海さんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする