わが母の記 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.40
  • (0)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 19
感想 : 5
3

父との思い出もあるが主に母について。老いておそらくアルツハイマー病か何かになった母の姿を通して、母という人間をみつめる。無意識のうちに、新聞やテレビで見知った認知症やアルツハイマーについての情報と照らし合わせていたり。普段危なっかしいと思われていた認知症の老人が、文章では思いのほかしっかりと内心の苦悩を綴っていた記事を思い出した。「どんどん忘れていくのが怖い」

読書状況:未設定 公開設定:公開
カテゴリ: 家にアル
感想投稿日 : 2007年1月4日
本棚登録日 : 2007年1月4日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする