麦本三歩の好きなもの 第一集 (幻冬舎文庫)

著者 :
  • 幻冬舎 (2021年1月14日発売)
3.57
  • (306)
  • (369)
  • (397)
  • (145)
  • (54)
本棚登録 : 6515
感想 : 457
4

こうして水族館で目の前にした、テレビでこういった水槽を観たりすると、三歩はいつも、この地球という星も誰かが自分達を閉じ込めた水槽にすぎず、どこからか絶えず見られているのではという想像をする。そして、想像の末、自分の失敗も知らない何者かに常に見られている可能性があるのかと少し恥ずかしくなる。(位置NO.1093)

今夜もカロリー決めてハイになってやろうと、三歩は早速目に入った大好物のバームロールを手に取った。(位置NO.1264)

一息ついて今日はハプニングを乗り越えた日だったし自分へのご褒美でご飯を一合半炊いてやろうそいつを攻略するおかずももちろん凶暴な奴でなくてはとほくそ笑み(位置NO.472)

続々と子どもたちが紙芝居を求めて集まってきた。その数、計一二人。幼稚園のクラスと考えると少ない方だが、三歩にとっては猛獣が一二頭いるもおんなじだ。(位置NO.890)

たのしい。。。
まいにち毎日、ちょっとしたことが「うわっ、うわっ、」と驚きと事件の連続で、それに対する攻略も独特。
そんな発想で毎日送っているなら楽しくて仕方がない。
一緒になりたい。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 小説
感想投稿日 : 2021年10月3日
読了日 : 2021年10月3日
本棚登録日 : 2021年9月29日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする