老いはこうしてつくられる―こころとからだの加齢変化 (中公新書)

3.13
  • (0)
  • (4)
  • (10)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 51
レビュー : 11
著者 :
konnokさん 最近読んだ本   読み終わった 

正高信男の老いはこうしてつくられる こころとからだの加齢変化を読みました。加齢により身体の機能が鈍くなってくることにより、老いが形成されていく過程が分析されています。身体の機能が鈍くなることだけが老いの原因ではなく、老人に対する周囲の対応のしかたが老いを早めている可能性が説明されています。昔の老人がどのように扱われていたか、そして世の中の常識が変わってしまった後に老人はどのようにすごしていくべきかが議論されています。もうすぐ自分のこととして実感することになるんですねえ。

レビュー投稿日
2004年1月1日
読了日
2004年1月1日
本棚登録日
2004年1月1日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『老いはこうしてつくられる―こころとからだ...』のレビューをもっとみる

『老いはこうしてつくられる―こころとからだの加齢変化 (中公新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『老いはこうしてつくられる―こころとからだの加齢変化 (中公新書)』にkonnokさんがつけたタグ

正高信男の作品一覧

正高信男の作品ランキング・新刊情報

ツイートする