小さき者へ・生れ出ずる悩み (岩波文庫)

3.67
  • (30)
  • (27)
  • (62)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 306
レビュー : 38
著者 :
コノハさん 日本の作家 あ行   読み終わった 

 理想と現実という二項対立が鮮やかな短篇2篇。人は現実の世界で生きざるを得ず、理想をあくまで非現実のものとして嘲るか、理想をファンタジーとして楽しむか、互いを接近させて落としどころを見付けるか、理想に向けて現実を変えようと努力するか・・・色々対処するものだ。
 著者は、その理想と現実の大きすぎる狭間に真面目過ぎるが故に対処しきれず、隙だらけの自己肯定にも耐えきれず破滅してしまったのかもしれないな、と思った。著者が白樺派の作家だという知識が作ってしまった先入観という可能性もあるけれど。

<小さき者へ>
 理想を叶えようとしても、それが自分では100%に限りなく近い確率で不可能なこともある。その対処法としてあるのが、次の世代に託すというもの。俺の屍を超えてゆけ!的な。そして自分の不甲斐なさを曝け出したのが本書だろうか。
 母の愛に心打たれる短篇ではあるのだけれど、書き手の懺悔臭さがあるとか、我儘と無理解が罰せられるのはいいとして何で斃れるのが母なんだよとか、結構解せないなと感じることもある。でも、それは文豪だろうとブルジョワだろうと、自分にできることなど大してないのだという戒めと読めなくもない。

<生れ出ずる悩み>
 画家に憧れつつも貧困で漁夫の仕事に追われてしまい、苦悩する青年。を妄想する語り手(≒著者?)の話。語り手の想像という形式が採られている理由は良く分からないが、自分の生き方を貫こうと決心すべく、その道中の困難を一つのフィクションとして書き出したように感じられる。

レビュー投稿日
2018年6月11日
読了日
2018年6月11日
本棚登録日
2018年6月11日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『小さき者へ・生れ出ずる悩み (岩波文庫)』のレビューをもっとみる

『小さき者へ・生れ出ずる悩み (岩波文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする