ピーターラビットの野帳(フィールドノート)

4.50
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 2
このはさん イギリスの本   読み終わった 

“A VICTORIAN NATURALIST”邦題は「ビアトリクス・ポターの野帳」と改題した方がいかもしれない。ポターが残した数多くのきのこのスケッチが掲載され、彼女のきのこの師であるチャールズ・マッキントッシュとのやりとりや彼女の観察・研究の姿勢、遍歴が細かに記述されている。あまり世間的に見られない彼女のきのこ画等はアンブルサイドのアーミッドライブラリーに多く保管されている。この本を読むと、植物、動物、その生息環境に関するビアトリクスの知識がピーターラビットの世界に色濃く反映されていることが分かる。

レビュー投稿日
2010年6月14日
読了日
2010年6月1日
本棚登録日
2010年6月14日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ピーターラビットの野帳(フィールドノート...』のレビューをもっとみる

『ピーターラビットの野帳(フィールドノート)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『ピーターラビットの野帳(フィールドノート)』にこのはさんがつけたタグ

ツイートする