ドキュメント 裁判官―人が人をどう裁くのか (中公新書)

3.47
  • (7)
  • (19)
  • (41)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 172
レビュー : 24
岬さん ノンフィクション   読み終わった 

司法は三権の中で最も独立した権力。裁判官の拠り所は社会的要求でなく適切な刑罰の適用。でないと刑が法を無視して一人歩きしかねない。法が時代不適合になっていると思われるなら、改定するのは政治(行政)の義務。裁判官の、公に出せない人間味が興味深い。

レビュー投稿日
2012年5月30日
読了日
-
本棚登録日
2012年5月30日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ドキュメント 裁判官―人が人をどう裁くの...』のレビューをもっとみる

『ドキュメント 裁判官―人が人をどう裁くのか (中公新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『ドキュメント 裁判官―人が人をどう裁くのか (中公新書)』に岬さんがつけたタグ

ツイートする