闇の守り人 (新潮文庫)

4.29
  • (1190)
  • (828)
  • (451)
  • (5)
  • (2)
本棚登録 : 5801
レビュー : 629
著者 :
ミライさん 新潮文庫   読み終わった 

【再読】

流れるように進む展開の中に、大人たちのドロドロとした願望や過去と向き合う意思が絡み合って、、決して明るい話ではないけど、読み始めたらスッと本の世界に入っていけるような、物語の力を感じた。
前作から繋がりはあるものの、違った印象を受けたのは、あとがきにもあるように、バルサが軸になっているからだろうか。。一歩一歩、自分の足で、意思で、しっかりと踏みしめながら進んでいるのが強く感じられた。シリーズとしては2作目、でもバルサにとっては大きな山だったんだろうなぁ…。
重い話が続く中で、いろんな人の思いに触れて、辛くなる時もあったけど、カッサやジナなどの若い世代の青さ、真っ直ぐさに救われた気がする。成長した彼らの姿を読める時はあるのかな?楽しみにしておこう。

レビュー投稿日
2017年1月6日
読了日
2017年1月6日
本棚登録日
2017年1月6日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『闇の守り人 (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『闇の守り人 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする