悪魔のパスワード (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.50
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
感想 : 1
4

同じ類の本。今度は関西のある市役所(西宮?)のホストコンピュータへの侵入、データ改竄という犯罪から、これを人質のようにして5億円の要求。それをなるほどこんな方法で入手すると完全犯罪だ、という凄いアイディア、ところが思わぬところから綻びが。これも今後充分起こりうる犯罪のような気がします。コンピュータだけでなく、手形・小切手、金融ブローカー、悪徳弁護士などの知識も得られ、面白い小説です。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 推理小説
感想投稿日 : 2013年8月25日
読了日 : 2000年8月22日
本棚登録日 : 2013年8月25日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする