作曲家の発想術

著者 :
  • 講談社 (2004年8月10日発売)
3.06
  • (2)
  • (7)
  • (16)
  • (3)
  • (3)
本棚登録 : 104
感想 : 14

作曲がこんなに簡単にできるのかと誤解してしまいます。作曲の初歩からの解説が非常に新鮮です。著者は東京藝術大の首席卒業のようですが、謙遜で作曲の才能がないといいながら、その気にさせてくれます。過去の作曲家、そしてジャンル別の作曲の説明も初めて読むもので、なるほどという感じ。なぜ交響曲がそして合唱が歓迎されるのか!それは楽譜が多く出るからだという商売上の理由も面白いものです。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 音楽(オペラ以外)
感想投稿日 : 2013年8月16日
読了日 : 2009年3月20日
本棚登録日 : 2013年8月16日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする