神々の山嶺 上 (集英社文庫)

4.19
  • (411)
  • (325)
  • (196)
  • (15)
  • (3)
本棚登録 : 2281
レビュー : 251
著者 :
korikoriyoさん  未設定  読み終わった 

カトマンドゥの裏街でカメラマン・深町は古いコダックを手に入れる。そのカメラはジョージ・マロリーがエヴェレスト初登頂に成功したかどうか、という登攀史上最大の謎を解く可能性を秘めていた。カメラの過去を追って、深町はその男と邂逅する。羽生丈二。伝説の孤高の単独登攀者。羽生がカトマンドゥで目指すものは?柴田錬三郎賞に輝いた山岳小説の新たなる古典。

感想
読みやすい山岳小説である。臨場感が素晴らしい。そこにエベレストがあるようで、自分も羽生、深町と一緒に登っているようである。今でこそエベレストを登ったとしてもあまり話題にならないが、数々の登山家が死んでいるとてつもない山である。エベレストの映像もいろいろ見てきたのでだいたいの想像はつく。
ビデオも借りて見る。なかなかの迫力で、本の心情を乗せて見るともう一度本の情景が浮かんでくる。

レビュー投稿日
2016年11月10日
読了日
2016年11月10日
本棚登録日
2016年11月10日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『神々の山嶺 上 (集英社文庫)』のレビューをもっとみる

『神々の山嶺 上 (集英社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする