魂手形 三島屋変調百物語七之続

著者 :
  • KADOKAWA (2021年3月26日発売)
3.95
  • (145)
  • (266)
  • (141)
  • (14)
  • (1)
本棚登録 : 1984
感想 : 218
4

聞き手が富次郎に変わってから、力が抜け、話の怖さを相殺していて、バランスがいい。
テンポもよく、冗長ではなくなった。

今回はどの話も、悪意がメインではなく、人柄やエピソードに引きこまれる。

おちかのときは、聞き手に緊迫感があって、全体的に重かった。
結婚し、聞き手を辞めてもなお、おちかには負のものがまとわりつくのだな、と改めてシリーズ前半の雰囲気を思い出す。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: おすすめ本
感想投稿日 : 2021年4月27日
読了日 : 2021年4月27日
本棚登録日 : 2021年3月25日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする