コスメの王様

著者 :
  • 小学館 (2022年3月15日発売)
3.77
  • (35)
  • (74)
  • (51)
  • (10)
  • (1)
本棚登録 : 796
感想 : 69
4

おちょぼのハナが、ドブ川から助け出した少年、利一。
整った顔立ちがそっくりなふたりは、芸妓と商売、それぞれの道を上り詰めていく。

おもしろかった。

常に真心を大切にするふたり。
裏切りや足の引っ張り合いがあっても、まっすぐに誠実に突き進む姿が、全編すがすがしい。

そんなふたりだからこそ、周りに信頼され、素敵な人々とのつながりが続いていく。

みんなが健康で幸せに暮らせるよう、毒性のない化粧品を、という理念もよかった。
開発と販売を試行錯誤する、利一たちの心意気とチームワークも熱い。

折に触れ、利一を支える言葉をかける、ハナ。
いつまでも初々しい、ふたりの関係性もほほえましかった。

読後感もさわやか。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 爽やかな本
感想投稿日 : 2022年7月8日
読了日 : 2022年7月8日
本棚登録日 : 2022年4月3日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする