【2019年本屋大賞 大賞】そして、バトンは渡された

4.19
  • (600)
  • (547)
  • (218)
  • (43)
  • (9)
本棚登録 : 5097
レビュー : 707
著者 :
KOROPPYさん 泣ける本   読み終わった 

父親が3人、母親が2人。
17年間で7回変わった、家族の形態。
おのおのに事情があり、それぞれの暮らしがあった。

おだやかな中にもユーモアあり、ぐっとくるものありで、後半は泣けた。

ふつうではなかったかもしれないけれど、けっして不幸せではない。
愛し、愛され、たいせつにされ、そして今がある。
どの親も変わり者だけれど、特に森宮さんのずれっぷりがおかしく、会話にはおもわず吹き出してしまうことも。
彼を上回るかもしれない、早瀬くんのずれっぷりもまた、たのしかった。
こころあたたまる物語。

2019年本屋大賞受賞作。

レビュー投稿日
2019年4月15日
読了日
2019年4月15日
本棚登録日
2019年1月27日
4
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『【2019年本屋大賞 大賞】そして、バト...』のレビューをもっとみる

『【2019年本屋大賞 大賞】そして、バトンは渡された』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『【2019年本屋大賞 大賞】そして、バトンは渡された』にKOROPPYさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする